WordPressを新しく作る。簡単すぎた…

ネット副業やアフィリエイトのためのプラットフォーム(自分の基地)として、Wordpressは最高です。で、久しぶりに新規でWordpressのゼロから設定することを試してみたのですが…超絶簡単でした

これまでのWordpress

これまで、Wordpressを利用するまでにはいくつかのステップが必要でした

  1. レンタルサーバーを申し込む(データの置き場)
  2. ドメインを申し込む(独自のURLを得るため)
  3. サーバーとドメインの接続設定(最初の難関)
  4. セキュリティのためのSSL化(ちょっと面倒)
  5. データベースの用意(Wordpress用、絶対悩む)
  6. WordPressをパソコンにダウンロード
  7. パソコンからサーバーにFTP接続(設定面倒)
  8. WordPressをアップロード
  9. WordPressの設定

というような流れが必要です。ひとつも省略できないというのが「当たり前」でした。私も何度もWordpressをインストールしてきたので、その都度やりました

(最近は「自動インストール」によって、5.〜8.を省略できます)

ところが!ところがですよ。今では…

WordPress専用サーバーで一瞬で準備完了

具体的にはムームードメインのWordpress専用サーバー「WPホスティング」に申し込むという方法です

WordPress専用サーバーとは?

通常の流れであれば「レンタルサーバー」という大きな空き部屋のようなところに、家具(Wordpressのようなプログラム)を配置していきます。家具の出し入れは自分で行い、いろんな家具(プログラムやデータ)を自由に配置できます

対して「ホスティングサービス」は、部屋の中にすでに家具が設置されており、もう準備OK。自由さは犠牲になりますが、手間いらずで、すぐに使えるという利点が大きいです

今回、ヨッシーが申し込んだのは「ムームードメイン WPホスティング」というものです。ホスティングサービスは他でも提供されています

それぞれに一長一短は有るかと思いますが…どれでもいいんじゃないですかね?あまりこだわりがない性格です。例えば、ハードディス容量が「あっちは100GBですが、こちらは120GB!」と言われても…そもそも100GBもいらないよですよね

比較サイトを見ると、本当に細かい部分を「ここが違う!こっちが得!」と紹介していますが、俯瞰してみると基本機能はほとんど一緒で、違いなんてぶっちゃけ誤差の範囲です

もし、重要視するとしたら「スピード」と「安定性」ですね。どちらも訪問者にストレスを与えないために重要です。ただ、実際に使ってみないとわからないということがあるんです

とりあえず…「ムームードメインのWPホスティング」

すっごい、ざっくりな決め方で呆れられるかな?もし、問題が発覚したら報告しますね

さて、簡単便利なWordpress専用サーバー(WPホスティング)ですが、欠点もあります

  • 基本的にWordpressを1つしかインストールできない
  • 他のアプリケーションやHTMLファイルなどを設置できない
  • 1年契約(ムームードメイン WPホスティングの場合)
  • FTP接続で自由にアップロード/ダウンロードできない

1年契約縛りは…ちょっとキツイですね。うーん、ここまで書いてきてなんですが…Kagoyaにしようかな(オイッ!)

まずは、ご報告。14日間のお試し期間があるので、使い勝手に問題があれば引っ越しをするか、通常のレンタルサーバー+Wordpressにしたいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です