ブログの更新が超絶速くなる方法を教えます

下記の文章は音声入力したものを修正したものです

今、実際にブログ入力されているのを見てわかるかと思います。これはリアルタイムに本当に入力している様子です

どうですか?これぐらいのスピード、変換精度であれば充分使えると思いませんか?

実はこれはMacで入力しています。Macには音声入力と言う便利な機能が標準で付いてるんです。この機能を使うことによってキーボードから1文字も入力することなく文章入力することができます

キーボードが苦手だ!キーボード触りたくない!

みたいな人であったとしてもブログの更新サクサクできてしまうということがわかるかと思います

変換精度もなかなか良いと思いませんか。あっという間に1つの記事を作り上げることができちゃいますよね

ブログの評価を上げるためには毎日の更新が大切とかって言われます。だけど文字の入力が遅い場合、どうしても億劫になってしまって、書きたいと思ったのに書けないと言うことがあります

でも、この音声認識を使うことによって問題が解決します。誰でもすぐにこれだけ早く入力することができるわけですから…

具体的な設定方法ですがこれはMacシステム環境設定を開きます、それからキーボード→音声入力と言う順番に選んでください

システム環境設定のキーボードを選択
音声入力タブを選択

後はここにあるようにファンクションキーを2回押すことによって音声入力を起動することができます。後はマイクに向かって喋るだけです。

以上、こんな感じでですね。しゃべるだけで文字がどんどん入力されていきます。

変換間違いだったりとか、入力間違いっていうのがありますので、その部分は、手入力で修正するしかありません

しかしながら、全てをキーボードから入力するよりかは、素早く入力できるということがわかります

キーボードが苦手だって言う人からすると、ひょっとしたら、音声入力の方が正しく入力してくれるかもしれません

音声入力を使うときの注意点があります。正しく認識させようとして妙にゆっくりしゃべったりとかしないと言うことです。単語単語を区切ったりとかすると、余計に認識率が落ちます。本当に普段通りにしゃべるのが一番です

もう一つ気をつける点としては、話し言葉と書き言葉は違うということです。話し言葉ってどうしてもフランクな表現になってしまうんですよね、あまりフランクになりすぎないように気をつけてください

ただここは割り切って「このブログはフランクな『話し言葉』で書かれている」んだっていうのもありかもしれません

文章入力が慣れていないとどうしても硬い表現になりやすいんですよね。まるで会社で使うような報告書のようなものです

話し言葉と言うのは実はとても読みやすいんです。なんかスラスラ読めるって言う文章、見かけたことありませんか?例えば本、例えばブログ。そのスラスラと読めるっていうのは、実は話し言葉だったりするんです

それでは最後に、この音声認識を使うときのコツをお伝えしたいと思います

静かなところでできればヘッドセットを使うこと

静かなところっていうのは当然ノイズが入ってくると音声認識に影響します。なので自分の部屋だったりとか静かなところを実施してください

ヘッドセットを使うことによって、マイクが口の近く、同じ位置に固定されますので音声認識率が向上します

パソコン本体にもマイク内蔵されていますが、ノイズを拾いやすく、マイク性能は良くありませんのでお勧めしません

それから「改行」したいと思った時、エンターキーリターンキーを押す必要があります。これでちょっとリズムが崩れるかも知れませんね(Wordpress直接入力時)

この動画ではWordpressに直接、音声入力しています。一旦、エディターモードで音声認識をして入力しておいてから、Wordpressに転記するっていう方法もあります

ということで!

あっという間に1000文字の記事ができました。これぐらいのスピードで文章をかけたら、ブログが更新できたら、嬉しいですよね

それから、iPhoneでも音声入力ができますので試してみて下さい

だけどやっぱり…お勧めしたいのはキーボードで入力する方法です

だって、カフェとか飲食店、公共の場では音声入力ちょっとはばかられます。「あの人、なんか1人で喋ってる」って、めっちゃ怖くないですか😅

今はまだキーボードの入力が苦手で、音声入力に頼りたいって思ってたとしても、少しずつキーボード入力に慣れて、ブラインドタッチを習得して、いつでもどこでもブログの更新ができるようにして欲しいです

どうですか?

「音声入力でブログを更新する」というのやってみてください。とても面白いですよ

今回のような便利機能だったり、ガジェットなんかも、この動画で紹介したいなーと思います。どうぞ今のうちにチャンネル登録しておいてください

それでは次のビデオでお会いしましょ〜。バイバイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です