プラス5万円ある生活

サラリーマンを続けていると「毎月の収入」が、ほぼ予測できるようになってきますね。残業時間から残業代も計算できるし、ボーナスも毎年同じ基準のことが多いので同様に予測できます。

毎月の一定の収入が分かっているので、日々どのくらいが利用できるかも自然と決まります。あなたが、お小遣い制だったらやっぱり収入から決まっちゃいますね。

そこで、収入が毎月プラス5万円になったという世界を考えてみましょう。たった5万円なんですが、生活が劇的に変化することがわかります。想像力を膨らませながら読んでくださいね。

プラス5万円の世界

あなたがワンルーム家賃7万円(東京)に住んでいるとしたら、1DK家賃12万円の部屋に住むことができます。部屋が広くなっただけではなく、台所はシステムキッチンで、お風呂もトイレもグレードが上がったものになるでしょう。

あなたが日々のランチを800円以内というルールを決めているとしたら、明日から+2500円アップ(50,000円/20日)の3,300円の高級ランチが日常になります。実際、毎日食べるのは大変そうですけどね。

あなたが海外旅行(予算10万円)を毎年1回、楽しんでいるとしたら、1月、3月、5月のように隔月で海外旅行をすることができるようになります。毎年新しい6つの国を訪問して、異文化を楽しむことができるようになるわけです。

あなたがお小遣い3万円だったら、次からお小遣い8万円になります。飲み会に誘われても、遊びに誘われても、残りの小遣いのことを気にしない。「OK!行こう」と即答できるようになります。

手堅く全部貯金するという場合もあるでしょう。毎月5万円、年間60万円、10年後には600万円の自由に使える貯金となります。

たかが5万円、されど5万円

こういう風に考えると、収入が増えることで変わることって、たくさんあるということがわかります。しかし、それがなかなか想像できないんです。

なぜ、想像できないかというと「収入が増えると思っていない」からです。毎月の決まった給与の範囲で生きることに慣れてしまっているからです。実際のところ、サラリーマンであれば、収入を増やす方法は「昇進すること」しかありません。そのチャンスは基本的に1年に1回。

仮に昇進したとしても、いきなりプラス5万円なんていう昇給は無さそうです。相当、責任の重いポジションにならない限り(責任が重くなるのは大変そう…)。できれば、現在のポジションのままプラス5万円にしたいところ。

プラス5万円は「現状のまま」では絶対に無理です。

何か、今とは違うことを初める必要があります。

その方法はたくさんあるので、ぜひあなた自身にあったものを見つけた欲しいと思います。今回の記事で言いたかったことは「プラス5万円になった世界」を想像してほしいということです。

あなただけのプラス5万円の世界があるはずです。是非とも想像してみてください。それだけで楽しくなりますよ。そのワクワクが次の一歩に進む原動力となりますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です