お金よりも欲しいもの

お金以上に欲しい!と思っているものがあります。
それはきっとあなたと同じです。一緒に叫びましょうか?

「もっと時間が欲しい!」

そうなんです。時間なんですよね。読書をするにしても、海外ドラマを見るにしても、旅行をするにしても、ゆっくり眠るにしても、必要なのは「お金」じゃなくて「時間」なんです。

考えてみると「お金」は貯めることができます。毎月1万円ずつだったとしても1年後は12万円という貯蓄ができます。ところが「時間」というものは1秒たりとも貯蓄することができません。

代わりに毎日86,400秒(24時間✖️60分✖️60秒)を平等に与えられているわけですが…。それなのにまったく時間的に余裕がある生活を送ることができません。

その理由は2つあります。

  1. 決められた時間に「スタート」しなければならない。
  2. 決められた時間「続ける」ことが要求されている。

一つ目のスタートするとは「開始時間までに会社に行く(学校に行く)」ということが決められていることです。朝9時に会社にたどりつくために、歩く時間、電車に乗る時間、起きる時間が、逆算して自動的に決定します。ここにあなたの「意思」は関係ありません。勝手に決定されるのです。

「あと15分だけ眠りたい」なんていうワガママは許されないのです。

二つ目の「続けること」とは、終業時間までいなければならないということです。仕事が早く終わろうが、夕方に予定があろうが関係はありません。決まりです。「職場にいること」が決定事項なんです。ここでもあなたの意思は関係ありません。

あなたを束縛するのもの

考えてみると、あなたを時間的に束縛しているのは「会社」であるということが分かりますね。実は1日のスケジュールが会社を基準に決められるだけではなく、1週間のスケジュールも会社を基準にして決められます。

例えば、日曜日に「明日は朝早いから、今日は早く寝よう」ということ、ありませんか?休日である日曜日でさえも会社によってスケジューリングされてしまうという現実があります。その束縛はプライベートにまで侵食してきます。

ゴールデンウィーク、年末年始、ようやく束縛から解放されて自由になります。しかしそれは、日本中のサラリーマンも同じことなので、どこに出かけようと混雑しているし、通常の1.5倍以上の繁忙期料金に甘んじなければなりません。

もっと自由に時間を使いたい

そういう願いを持つのは、世の中のサラリーマンの共通の願いだと思います。しかし、どういうふうに考えても現状のままでは、自由の時間を作り出すことはできませんね。

アウトローになろう

あなたが自由になるための方法は明確です。今の束縛している環境から逃げ出すことです。逃げることしか、獲得することはできません。

だって、会社の決まりなんですから。「月曜日から金曜日」「9時から5時まで」あなたは「その条件でいいです」と就職したのですから、逆らえばクビになることを覚悟しなければなりません。

「今の環境をどうにかしよう」という発想ではなくて、「新しい環境に移ろう」という考え方の方が現実的です。それは転職かもしれないし、起業かもしれません。

求めよ、さらば与えられん

今すぐに「辞表出す」というわけにはいかないでしょう。毎日の生活というものがありますから。でも「いつか、この環境から抜け出す」という思いを秘めていてほしいと思っています。

心の奥深くに決意を秘めて、密かに準備をするのです。どんな環境があるのか?どんな方法があるのか?自分に適したものは何か?すでに実践している人は誰か?

今までは、日々の生活という足元ばかり見ていた生活かもしれません。しかし、これからは少し遠くをみて、360度見回して新しい居所を探してみてください。

あなたを自由にしてくれる場所がきっとあります。「新しい環境がある」「知らない世界がある」「探してみる」それが最初の一歩です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です